コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクサンイチゲ(白山一華) ハクサンイチゲAnemone narcissiflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクサンイチゲ(白山一華)
ハクサンイチゲ
Anemone narcissiflora

キンポウゲ科の多年草。日本では代表的な高山植物であるが,北半球の山地草原に広い分布をもっている。全体に白い長毛がまばらに生える。根茎は太く,根生葉長柄があり,3出複葉で,小葉は2~3中裂し,裂片はさらに分裂して線状となる。夏に,高さ 15~30cmの花茎を出し,上部に数個白花を集めて開く。花径 2cmあまり,花弁はなく萼が5片あって花弁状にみえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハクサンイチゲ(白山一華)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android