ハサカ(英語表記)Al-Hasakah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサカ
Al-Hasakah

シリア北東部,ハサカ県の県都。ユーフラテス川支流のハーブール川に面し,ダイルアッザウルの北北東約 150km。集約的な灌漑農耕地域の中心地。アッシリア人に Sha-Dikannuとして知られ,古代には Sakane,中世のアラブ地理学者には Hashashakと呼ばれていた。オスマン帝国の時代には重要性が失われたが,フランス委任統治期の 1932年以降,イラクからアッシリア人が亡命,移住し注目を集めた。北部のカーミシュリー,南部のダイルアッザウルとを結ぶ道路の重要な分岐点。人口 10万 6000 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハサカの関連情報