コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハズス はずす

1件 の用語解説(ハズスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はずす【ハズス】

能の用語で,謡(うたい)の技法の一つ。定型のリズムに合わせて謡うところで,一部分をリズムをくずして謡うことをいう。たとえば《女郎花(おみなめし)》の最終部の〈なれるはてぞやよしなかりける〉のところで,〈なれるはてぞや〉までを大ノリで謡い,〈よしなかりける〉と大ノリをくずして謡うことをハズスという。【松本 雍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハズスの言及

【ノリ】より

…また謡(うたい)では地拍子上の3種のリズム様式を,平ノリ,中ノリ,大ノリと称するほか,最近では拍子不合(ひようしあわず)の謡のリズムにも,サシノリ,クリノリ,詠(えい)ノリの3種を区別することが行われるようになっている。そしてこれら拍子不合の謡から拍子合の謡に転ずることをノルといい,逆に拍子合の謡の末尾が部分的に拍子不合になるようなときは,ノリをハズスなどという。ただし,謡本によっては,ノルという記号で大ノリのみを示す場合がある。…

※「ハズス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone