コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女郎花 オミナエシ

デジタル大辞泉の解説

おみなえし〔をみなへし〕【女花】

オミナエシ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は羽状に裂けていて、対生する。夏の終わりから秋に、黄色の小花を多数傘状につける。秋の七草の一。漢方で根を敗醤(はいしょう)といい、利尿剤とする。おみなめし。 秋》「ひょろひょろと猶露けしや―/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は縦糸が青、横糸が黄、裏は青。または、表は黄、裏は萌葱(もえぎ)。7、8月ごろに用いる。

おみなめし〔をみなめし〕【女花】

オミナエシの別名。

おみなめし【女郎花】[謡曲]

謡曲。四番目物旅僧山城男山の麓に来かかると、小野頼風夫婦のが現れ、邪淫悪鬼に責められていることを語る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おみなえし【女郎花】

オミナエシ科の多年草。山野に自生。高さ約1メートル。葉は対生し、羽状に全裂。夏から秋にかけて茎頂に、黄色の小さな花が傘状に群がり咲く。漢方で乾燥した根を利尿・解毒薬とする。秋の七草の一。オミナメシ。 [季] 秋。
かさねの色目の名。表はたて糸が青、よこ糸が黄で、裏は青または萌黄。秋に用いる。
( 枕詞 )
オミナエシの花が咲く意から、地名「佐紀」にかかる。 「 -佐紀沢に生ふる花かつみ/万葉集 675

おみなめし【女郎花】

オミナエシの別名。 [季] 秋。

おみなめし【女郎花】

能の一。四番目物。旅の僧が女郎花を折り取ろうとするのを小野頼風よりかぜの霊が現れて止め、男塚・女塚のいわれを説く。その夜、再び頼風夫婦の霊が現れ恋の妄執を語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

女郎花 (オミナエシ・オミナシ;オミナベシ;オミナメシ;ジョロウバナ)

学名:Patrinia scabiosaefolia
植物。オミナエシ科多年草,園芸植物,薬用植物

女郎花 (ジョロウバナ)

植物。モクセイ科のつる性常録低木,園芸植物,薬用植物。マツリカの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

女郎花の関連キーワード中野小左衛門(初代)八幡市立松花堂美術館織り一重・織一重徒野・仇野・化野松貫四(2代)仮名列女伝岩亀楼亀遊戯る・狂る女郎花豆腐山田わかたよせに這ひ伏す行き巡る藤原俊忠泉堅太郎印南野の藪内竹心亀阿弥万葉集色めく

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女郎花の関連情報