コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチク(淡竹) ハチクPhyllostachys nigra var. henonis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチク(淡竹)
ハチク
Phyllostachys nigra var. henonis

イネ科の多年草。常緑のタケ類の一つで,古く中国から渡来し,全体が繊細なため観賞用に広く一般に栽培されている。は地中をはっている根茎から直立し,高さ 10m,径 10cmになり大型である。節があり,中空で円筒形。葉は多数の小枝の先に4~5片つき,披針形。洋紙質で上面緑色,下面やや白色を帯びる。たけのこは皮幅が広く大型革質で紫色。美味とされる。花穂は枝先に束状に密生し,紫色の毛がある。花は披針形でまれに開花する。稈は質が緻密で割り細工に適し,茶せんなどや工芸品に使われる。クレタケ (呉竹) ,カラタケ (唐竹) ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハチク(淡竹)の関連キーワードイネ科

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハチク(淡竹)の関連情報