コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッサンル遺跡 ハッサンルいせきHassanlu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッサンル遺跡
ハッサンルいせき
Hassanlu

イラン北西部,アゼルバイジャン地方のウルミア湖南西方で発見された城塞遺跡。 1957~59年にフィラデルフィア美術館の R.ダイソンによって発掘された。城塞は前9世紀にマンナイ人によって建設されたもので,厚い円形の城壁内に中庭をもつ2つの宮殿が建てられ,貯蔵庫が付属していた。ここから打出し文様のある金製深鉢,銀杯,琥珀杯,ガラス玉,青銅の棍棒頭などが発見された。城壁の外側に住居,共同墓地があったと考えられる。アッシリア帝国とウラルトゥ王国の境界に接していたため,前9世紀末に破壊された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハッサンル遺跡の関連キーワードマンナイ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android