コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッダ遺跡 ハッダいせきHadda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッダ遺跡
ハッダいせき
Hadda

アフガニスタン,ジャラーラーバードの南 8kmにある仏教遺跡。3~5世紀頃栄えた。『大唐西域記』の醯羅 (けいら) 城がこの地にあたる。 1922年以来フランス隊が調査。テペ・イ・カラン,テペ・イ・カファリファ,バーグ・ガレなどの遺構がある。ギリシア様式の仏教美術石材でなく,スタッコを用いて表現されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android