コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハデラ Hadera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハデラ
Hadera

イスラエルの地中海沿岸,シャロン平野にあり,テルアビブヤフォハイファの中間の町。北部海岸のユダヤ人入植地としては最初のもので,1890年にポーランド,リトアニアからの移民により建設された。町をハデラ川 (当時はムフジル川) が貫流し,冬季には下流地方に氾濫を起し,沼沢地にはマラリアが発生して多くの死者を出す場所であった。その後ロスチャイルドの援助で,94年以後は柑橘類の栽培が行われ,現在ではイスラエルの柑橘類の主産地である。鉄道の要衝で,工業には製紙,タイヤ,金属,柑橘類加工,野菜缶詰などがある。人口4万 2200 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハデラの関連キーワードオーフラ ハーノイシャロン平原ラロンハコルテス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android