コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナビラタケ(花弁茸) ハナビラタケ Sparassis crispa

1件 の用語解説(ハナビラタケ(花弁茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナビラタケ(花弁茸)
ハナビラタケ
Sparassis crispa

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。針葉樹の切り株や枯れた木の生えぎわなどに生える。子実体は肉質で基部は太い茎となり,数回枝分れして頂部は平らになる。その形はハボタンの葉のようで,縁は波打っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナビラタケ(花弁茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)えぶりこ猪苓発光菌箒茸ホウキタケアンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone