コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナビラタケ(花弁茸) ハナビラタケSparassis crispa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナビラタケ(花弁茸)
ハナビラタケ
Sparassis crispa

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。針葉樹の切り株や枯れた木の生えぎわなどに生える。子実体肉質基部は太い茎となり,数回枝分れして頂部は平らになる。その形はハボタンの葉のようで,縁は波打っている。全体の直径は 10~30cmで,白色から黄白色をしている。この花弁状の枝の下面子実層を生じる。この菌は材の芯腐れを起す。食用となる。日本の北海道,本州,四国,およびヨーロッパ北アメリカオーストラリアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android