コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハニカム構造 ハニカムこうぞうhoneycomb structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハニカム構造
ハニカムこうぞう
honeycomb structure

表裏2枚の面板の間に薄い材料でつくった蜂巣状の芯材を厚さ方向に挿入し,3者を接着剤で一体とした軽量の構造をいう。面板をベニヤ板,芯材を紙やプラスチックでつくったものは,ドアなどのパネルや部屋の間仕切りなどに,面板と芯材をアルミニウム合金でつくったものは飛行機の構造部分に,ステンレス鋼でつくったものは宇宙船の構造部分などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハニカムこうぞう【ハニカム構造】

薄い二枚の板の間に蜂の巣を輪切りにしたような多孔材をはさんだもの。軽くて強度があり、自動車や航空機の構造部材として使われる。蜂の巣構造。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android