コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフマン符号化 ハフマンフゴウカ

デジタル大辞泉の解説

ハフマン‐ふごうか〔‐フガウクワ〕【ハフマン符号化】

Huffman coding》コンピューターでデータを可逆圧縮するためのアルゴリズムの一。1952年、デビッド=ハフマンによって考案。データ中の文字列の出現頻度を求め、多く出現する文字列に短い符号を、まれに出現する文字列に長い符号を割り当てることで全データ量を縮小する。JPEGZIPなどで使用される。ハフマン圧縮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハフマン符号化の言及

【データ圧縮】より

… 最も簡単な確率モデルは文字が一定の確率で独立(無記憶)に生起する場合である。このとき各文字に整数長のビット列(符号語)を割り当てる無歪み圧縮で最適な方法は,ハフマン符号化として知られている。算術符号化は,文字単位ではなく文字列に対して符号語を割り当てることでハフマン符号よりも高い圧縮効果を実現する。…

※「ハフマン符号化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハフマン符号化の関連キーワード圧縮アルゴリズム

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android