コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草) ハヤチネウスユキソウLeontopodium hayachinense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草)
ハヤチネウスユキソウ
Leontopodium hayachinense

キク科の多年草。岩手県の早池峰山,北海道の大平山の岩地に生える。全草に白色綿毛が生え,強壮である。茎は高さ 10~20cm,根出葉倒披針形茎葉はまばらに6~8枚が上向きに互生し,特に裏面は白毛が多く,主脈は隆起する。8月頃,茎頂に小さな頭花が集って開く。包状葉は花の基部に5~8個星状に並び,径約 5cmで白色綿毛を密生する。花はこの中に埋り,中心に雄花,周囲に雌花があるが,ともに筒状花冠 (→花冠 ) で目立たない。むしろ星状に並ぶ包状葉が美しく目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android