コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリガネムシ類 ハリガネムシるいGordioidea; hairworm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリガネムシ類
ハリガネムシるい
Gordioidea; hairworm

袋形動物門線形虫綱ハリガネムシ目に属する種類の総称。体長は数 cmから数十 cm,雌は雄よりも大きく,なかには 1mをこすものもある。体は糸状で細長く,体色は白,黄,褐色など種によって異なる。成虫水中で自由生活をし,交尾し産卵する。卵は水中で孵化して第1期幼生となって水生動物 (ユスリカなどの幼虫) の体内にもぐり込む。その後,第1宿主を捕食する昆虫類 (カマキリキリギリスゲンゴロウコオロギなど) の体内で第2期幼生となり,その体腔内で成長し,成長が終ると宿主の肛門近くの体節間に孔をあけて脱出し,水中に出る。世界に 240種,日本では約 10種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハリガネムシ類の関連キーワード線形虫類

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android