ハリーフデエソ(読み)はりーふでえそ(英語表記)scaly wearyfish

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハリーフデエソ」の解説

ハリーフデエソ
はりーふでえそ / ハリー筆狗母魚
ハリー筆鮧
scaly wearyfish
[学] Scopelosaurus harryi

硬骨魚綱ヒメ目フデエソ科に属する海水魚。東北沖から南西諸島海域、オホーツク海、北緯20~60度間の北太平洋に分布する。体は細長く、ほとんど円筒状。吻(ふん)はとがる。目が大きく、瞳孔は楕円(だえん)形で、前部に大きな無水晶体部がある。口は大きく、上顎(じょうがく)の後端は目の後縁下に達する。両顎の歯は小さい。背びれ始部は腹びれ基底よりも明らかに後方にある。胸びれは短く、腹びれに達しない。下顎腹面の感覚孔は黒色素胞(こくしきそほう)でふちどられない。体は暗色で、口内、腹膜は黒い。雌雄同体である。体長は22センチメートルほどになる。水深20~1400メートルぐらいに生息する。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android