コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロイサイト halloysite

1件 の用語解説(ハロイサイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ハロイサイト

カオリン鉱物の一種.火山灰層,岩石,鉱物の風化生成物として広く産出する.陶磁器や耐火物の原料,製紙用として利用される[地学団体研究会 : 1996].ヨーロッパではエンデライト(endellite)と同義語として使用する.一般的な化学組成はAl2Si2O5(OH)4 ・2H2Oである.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内のハロイサイトの言及

【鉱物】より

…この例としては含銅硫化物の分解により生じた水溶液より晶出するタンバンや,硫化鉱物中に含ヒ素硫化鉱物を含有する場合に生じるスコロダイト,オリーブ銅鉱などがあげられる。また酸性火成岩類の風化作用により生じた粘土鉱物のハロイサイト,カオリナイト,さらにそれらの風化作用により生じたギブサイトなども二次鉱物の一種である。その分解過程の一部を,長石類を出発物質として示せば次のようになる。…

※「ハロイサイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone