ハロルド ウィルソン(英語表記)James Harold Wilson

20世紀西洋人名事典の解説


1916.3.11 -
英国の政治家。
元・英国首相。
ハダースフィールド生まれ。
オックスフォード大学(’37年)卒。
第二次大戦中に官界に入り、1945年7月の選挙で労働党下院議員になり’47年海外貿易相となり、ついで’47年商相になる。’51年に国防費増加に反対して辞任した。’63年ゲイツケルの死後、労働党党首に就任し、’64年の選挙で首相の座についた。「科学革命時代の社会主義」を唱えたが’67年にはポンドの大幅切り下げを行い、’70年の選挙では保守党に政権をゆずったが、’74年には再度首相になった。’75年に社会契約で労組との和解に務め、’76年3月、60才で突如引退した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android