ハロルド2世(読み)ハロルドにせい(英語表記)Harold II

翻訳|Harold II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハロルド2世」の解説

ハロルド2世
ハロルドにせい
Harold II

[生]1022?
[没]1066.10.14. サセックス,ヘースティングズ近郊
イギリス,アングロ・サクソン時代最後のイングランド王 (在位 1066.1.6.~10.14.) 。エドワード (懺悔王) の義弟。ウェセックス伯となり,1066年エドワードが死ぬと,貴族から戴されて即位。同年9月末,弟のトスティグがノルウェー王ハラルドと結んで王位をうかがって侵入したのをスタンフォードブリッジで撃破。しかし 20日後侵入したノルマンディー公ウィリアム (のちのウィリアム1世 ) 軍とヘースティングズ近郊の丘で戦って敗死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android