コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロルド2世 ハロルドにせいHarold II

翻訳|Harold II

1件 の用語解説(ハロルド2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロルド2世
ハロルドにせい
Harold II

[生]1022?
[没]1066.10.14. サセックス,ヘースティングズ近郊
イギリス,アングロ・サクソン時代最後のイングランド王 (在位 1066.1.6.~10.14.) 。エドワード (懺悔王) の義弟。ウェセックス伯となり,1066年エドワードが死ぬと,貴族から推戴されて即位。同年9月末,弟のトスティグがノルウェー王ハラルドと結んで王位をうかがって侵入したのをスタンフォードブリッジで撃破。しかし 20日後侵入したノルマンディー公ウィリアム (のちのウィリアム1世 ) 軍とヘースティングズ近郊の丘で戦って敗死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハロルド2世の関連キーワード真宗Edward the Confessorウィリアム[1世]藤原明衡ロンドン塔エドワード法成寺八溝山八溝山地神統記

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone