ハンク アーロン

367日誕生日大事典の解説

ハンク アーロン

生年月日:1934年2月5日
アメリカの元・大リーグ選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ハンク アーロン
Hank Aaron

職業・肩書
元大リーグ選手

国籍
米国

生年月日
1934年2月5日

出生地
アラバマ州モービル

本名
Aaron,Henry Louis(アーロン,ヘンリー・ルイス)

勲章褒章
米国大統領市民勲章〔2001年〕, 旭日小綬章(日本)〔2015年〕

受賞
MVP(ナリーグ)〔1957年〕

経歴
15歳でアフリカ系のセミプロチーム入り。1952年ブレーブスのファームに入り、’54年メジャーに昇格。’57年MVPを獲得し、世界一に。地味な選手だったが、着実に本塁打を積み重ね、’70年代初め頃からベーブ・ルースの通算714本塁打記録を脅かす存在となっていった。’73年39歳で8度目の年間40本塁打をマークし、ルースの記録にあと1本と迫る。’74年の開幕戦でルースと並び、4月8日対ドジャース戦でメジャー記録となる715号を放った。同年オフにブリュワーズに移籍。’76年限りで引退。メジャー23年間の通算成績は、3298試合出場、1万2364打数3771安打、755本塁打、2297打点、打率.305。MVP1回(’57年)、首位打者2回(’56年,’59年)、本塁打王4回(’57年,’63年,’66年,’67年)、打点王4回(’57年,’60年,’63年,’66年)、ゴールドグラブ賞3回(’58〜60年)、オールスター出場21回(’55〜75年)。現役時代は183センチ、82キロ。右投右打。左翼手。’76〜95年アトランタ・ブレーブス副社長として選手の育成に当たり、マイナーリーグの監督も務めた。’82年野球殿堂入り。’99年大リーグはア・ナ両リーグの年度最優秀打者に贈るアーロン賞を創設。2000年3月初めて日本で行われたメジャーリーグ開幕戦メッツ・カブス戦や2006年第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝で始球式に登場。球界におけるアフリカ系の地位向上や球界の発展にも尽力している。著書に「ハンク・アーロンホームラン打法」(1975年)、共著に「ハンク・アーロン自伝」がある。2007年8月MLB記録の755本塁打が、バリー・ボンズによって31年ぶりに破られたが、6856塁打と2297打点は現在もMLB記録である。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンク アーロンの関連情報