ハンス グリム(英語表記)Hans Grimm

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス グリム
Hans Grimm


1875.3.22 - 1959.9.27
ドイツの小説家。
ビースバーデン生まれ。
1896年から1910年まで商人として、南アフリカのイギリス領植民地に住み、そのときの体験をもとに「砂漠行」(’16年)、「ドゥアーラの油探索者」(’18年)などを書く。「土地なき民」(’26年)がナチス文学の代表としてナチスに利用されたが、ナチス政府に協力しないことを表明。作品の根底にはキリスト教的社会主義の思想が流れていた。他の作品として、「オーレワーゲン一代記」(’18年)、「カルーの裁判官」(’31年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ハンス グリム

生年月日:1875年3月22日
ドイツの国粋主義的作家
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android