ハンデ

精選版 日本国語大辞典「ハンデ」の解説

ハンデ

海底軍艦(1900)〈押川春浪〉一八「『ハンデー』やら其他様々の遣繰(やりくり)やらで、いつも無邪気な紛着(もんちゃく)が起って」
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉一「そういうハンディーをおくという本能があるということを、昌倫は知らなければならないのだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「ハンデ」の解説

ハンデ

オートレースでのハンデは距離ハンデで、力量上位の選手ほど後ろからのスタートとなる。ハンデの距離は一〇m刻みで決められ、同ハンデの選手では車番の若い方が内側

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android