コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハードコンタクトレンズ hard contact lens

デジタル大辞泉の解説

ハード‐コンタクトレンズ(hard contact lens)

アクリル樹脂シリコーンなどで作られた、角膜よりも直径が小さいコンタクトレンズソフトコンタクトレンズに比べると材質が硬く、違和感を感じやすい。また、激しい運動によって外れやすいなどの欠点があるが、耐久性があり、乱視の矯正にも効果がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ハードコンタクトレンズ【hard contact lens】

コンタクト-レンズのうち、メタクリル樹脂であるポリメチルメタクレートなどの硬い表材を用いたもの。ソフト-コンタクト-レンズに比べ光学的にすぐれ、乱視の矯正に適する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のハードコンタクトレンズの言及

【コンタクトレンズ】より

…眼に近視,遠視,乱視などの屈折異常があるときは,眼鏡を装用してその屈折異常を矯正するが,レンズを小さくして,角膜上に直接密着させて用いるものをコンタクトレンズという。コンタクトレンズは,19世紀前半にその着想が始まり,後半には実験段階に入ったが,初めはガラスを材料としていたため,装用は非常に困難であった。しかし,1940年代になると,プラスチックのコンタクトレンズができ,その後,レンズの材質は,著しく改良されている。…

※「ハードコンタクトレンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハードコンタクトレンズの関連キーワードメタクリル樹脂コンタクト円錐角膜ハードレンズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハードコンタクトレンズの関連情報