コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーメルンの笛吹き男〈野外劇〉 ハーメルンのふえふきおとこ〈やがいげき〉

1件 の用語解説(ハーメルンの笛吹き男〈野外劇〉の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

ハーメルンのふえふきおとこ〈やがいげき〉【ハーメルンの笛吹き男〈野外劇〉】

ドイツ北西部ニーダーザクセン州ハーメルンで開催される野外劇。13世紀に130人の子供達が町から失踪したという伝説に基づいた話で童話になった「ハーメルンの笛吹き男」を市民たちが劇として上演するイベントである。◇「ねずみ捕りの笛吹き男」とも訳されている。会場は「結婚式の家」の前の広いテラスで観客は街頭から見物する。メルヘン街道に沿っていることもあり多くの観光客が訪れる。5月上旬から9月上旬、日曜日の昼に行われる

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーメルンの笛吹き男〈野外劇〉の関連キーワードシュターデツェレハノーバーハーメルンブレーメンリューネブルガーハイデリューネブルクウォルプスウェーデニーダーザクセンブレーメルハーフェン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone