コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーリド・イブヌル・ワリード ハーリド・イブヌル・ワリードKhālid ibn al-Walīd

1件 の用語解説(ハーリド・イブヌル・ワリードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーリド・イブヌル・ワリード
ハーリド・イブヌル・ワリード
Khālid ibn al-Walīd

[生]?
[没]642. ヒムス
初期イスラム時代のアラブの部将。「神の剣」とあだ名された。第1代カリフアブー・バクル (在位 632~634) のとき離反したアラブ部族を平定し,633年5月にアラブの遠征軍を率いてイラクヒーラを征服し,次いで 635年9月にはシリアダマスカス,バールバック,ヒムス,ハマーを陥れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーリド・イブヌル・ワリードの関連キーワード善光寺(長野市)医療的ケア生駒山地斉明天皇在日学徒義勇軍生駒山善光寺皇極天皇阿曇比羅夫大伴長徳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone