コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーリド・イブヌル・ワリード Khālid ibn al-Walīd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーリド・イブヌル・ワリード
Khālid ibn al-Walīd

[生]?
[没]642. ヒムス
初期イスラム時代のアラブの部将。「神の剣」とあだ名された。第1代カリフ,アブー・バクル (在位 632~634) のとき離反したアラブ部族を平定し,633年5月にアラブの遠征軍を率いてイラクのヒーラを征服し,次いで 635年9月にはシリアのダマスカス,バールバック,ヒムス,ハマーを陥れた。さらに翌年8月ヤルムークの戦いでビザンチン軍に大勝したが,第2代カリフ,ウマル1世にうとまれ,失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハーリド・イブヌル・ワリードの関連キーワードムサイリマラフム朝ホムス