コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイエルン継承戦争 バイエルンけいしょうせんそうBayerischer Erbfolgekrieg; War of the Bavarian Succession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイエルン継承戦争
バイエルンけいしょうせんそう
Bayerischer Erbfolgekrieg; War of the Bavarian Succession

バイエルン選帝侯領の相続をめぐるプロシアオーストリア間の戦争 (1778~79) 。シュレジエンの喪失後,ドイツにおける地位の回復をはかるオーストリアは,1777年バイエルン侯マクシミリアン・ヨーゼフの死後その跡を継いだファルツ選帝侯カルル・テオドールとの間にウィーン協定 (78) を結び,ニーダーバイエルンの領有を承認させた。これに対してプロシアのフリードリヒ2世 (大王) はツワイブリュッケン侯カルルの支持を得てボヘミアに侵攻,オーストリア軍と対峙したため,フランス,ロシアが調停に入り,79年5月テッシェンの和約が結ばれ,オーストリアはバイエルンへの要求を取下げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイエルン継承戦争の関連キーワードホーエンローエ=インゲルフィンゲンヨーゼフ[2世]ヨーゼフ(2世)バイエルン公国ヨーゼフ2世バイエルン州ラウドン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android