コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオ医薬品 ばいおいやくひんbiomedicine

翻訳|biomedicine

知恵蔵の解説

バイオ医薬品

組み換えDNA技術、細胞融合法、細胞大量培養法などのバイオテクノロジーで製造された医薬品。(1)組み換えDNA技術によるたんぱく質性医薬品(ホルモン、酵素、抗体など)、(2)遺伝子治療に用いる遺伝子組み換えウイルス、(3)培養皮膚などの細胞性治療薬、(4)RNAやDNAの断片そのものを用いる核酸性医薬品など。日本で最初に承認されたバイオ医薬品は、組み換えDNA技術によるヒトインスリン(1985年)。ゲノム科学、ゲノム創薬の進展により、バイオ医薬品の研究開発が国際競争となっている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バイオ医薬品

遺伝子組み換えや、細胞の培養といった「バイオ技術」を使って生産する医薬品。従来の医薬の多くは化学合成でつくるが、バイオ医薬品は細胞や微生物に培養させてつくる。実用化されたものは、がんやC型肝炎に使うインターフェロン、糖尿病に使うインスリンなどがある。バイオ医薬品の一種の「抗体医薬」では、免疫の仕組みをいかし、がん細胞など病気のもとになる細胞を直接壊す。従来の医薬品にくらべて副作用が少ない効果が期待されている。

(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

バイオいやくひん【バイオ医薬品】

遺伝子組み換え技術を応用して、微生物や培養細胞に大量に生産させた医薬品。インターフェロン、 B 型肝炎ワクチンなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バイオ医薬品の関連キーワードキラン・マズムダル ショウジーンテクノサイエンス日本分析化学専門学校オリエンタル技研工業バイオジェネリック遺伝子組み換え技術先端医療開発特区肝炎ワクチンバイオ後続品ジーマップ培養細胞TPP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオ医薬品の関連情報