コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオ農薬 バイオのうやくbio-pesticide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオ農薬
バイオのうやく
bio-pesticide

生物 (主に微生物) が生産する物質,あるいは生物 (微生物,昆虫,小動物) そのものを用いた農薬化学合成された農薬と比べて分解されやすいことから,農作物などへの残留が少なく,自然環境に及ぼす影響が小さいと考えられている。後者には,弱毒化したウイルスを用いる「弱毒ウイルスワクチン」や,農作物にとっての害虫の天敵を用いる方法,昆虫フェロモン (性フェロモンなど) により,他の場所に害虫を集めて駆除する「誘引駆除法」などがある。ただし,これらの方法も,ヒト,または環境に及ぼす効果を十分に検討することが必須である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android