残留(読み)ざんりゅう

精選版 日本国語大辞典「残留」の解説

ざん‐りゅう ‥リウ【残留】

りとどまること。あとに残ること。また、その残ったもの。居残り。
※舎密開宗(1837‐47)内「酸化銕〈礬紅〉は器底に残留す」
※近代批評の意義(1906)〈島村抱月〉「同一感情が其のまま其処に残留し永続することとなる」

のこし‐とど・む【残留】

〘他マ下二〙 =のこす(残)
※観智院本三宝絵(984)上「遊び物を所々に遺し止めたり」

のこり‐とどま・る【残留】

〘自ラ四〙 あとに残ってその場所にいる。また、生き残る。残留(ざんりゅう)する。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「おいの身ののこりとどまりたるもいと心うけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「残留」の解説

ざん‐りゅう〔‐リウ〕【残留】

[名](スル)残りとどまること。なくならずに残っていること。「野菜に残留する農薬」「残留部隊」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android