コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカイ バイカイ

1件 の用語解説(バイカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカイ
バイカイ

取引所の会員が,同一種類の取り引きにおいて,同一銘柄,同一数量,同一価格の売物と買物を同時に行なうこと。同一会員が売手と買手になって「売」と「買」とを同時に出すところからバイカイの名がついた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバイカイの言及

【クロス】より

…証券取引所はその定款において会員に市場集中義務を課しており,また証券取引法も,取引所における売買取引の受託を受けた会員が,その売買を自己が相手方となって市場外で成立させることを禁じている。クロスは1967年10月以降,バイカイに代わり株式の大量売買方法として採用された。バイカイとは,同一証券会社がある銘柄につき,同一価格,同一数量の売りと買いを同時に行うことで,顧客と顧客の注文を付け合わせる付合せバイカイと,顧客の売りまたは買い注文に対し,自己計算で付け合わせる仕切りバイカイがある。…

※「バイカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイカイの関連情報