売物(読み)うりもの

精選版 日本国語大辞典「売物」の解説

うり‐もの【売物】

〘名〙 (「うりもん」とも)
① 売る対象となるもの。
※宇治拾遺(1221頃)三「同類など具して、うり物などもたせて」
② 人の関心を集めるに役立つもの。その人や店などの看板となるもの。
※落語・磯の白浪(1890)〈七代目土橋亭りう馬〉「髭の生へた可怖(こわ)い顔を売物にしてを働き」
③ 芸人がときに自分の得意として、しばしば演じる芸。
口実にする事柄。いいのがれの材料。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「売物をかんがへて居る唐つくへ」
⑤ 取引相場で、売ろうとする物。売りに出た物。〔取引所用語字彙(1917)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「微々たる山八商店の売物(ウリモノ)で、かうまでも崩れるには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「売物」の解説

うり‐もの【売(り)物】

売ろうとする品物。商品。
商売で、客足を引き寄せるのに役立つもの。「アフターサービス売り物の店」
いちばん得意な技芸・技術。「強肩売り物外野手
[類語](1商品売品非売品代物製品商い物/(3十八番おはこお家芸お株お手の物特技得意得手達者専売特許上手堪能巧者得手物有能器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ敏腕辣腕腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手怪腕凄腕腕達者本領売り強み長所特長見どころ取り柄美点身上魅力持ち味特色特質特性真価真骨頂真面目本調子セールスポイントチャームポイントストロングポイントメリット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android