売(り)物(読み)ウリモノ

デジタル大辞泉の解説

うり‐もの【売(り)物】

売ろうとする品物。商品。
商売で、客足を引き寄せるのに役立つもの。「アフターサービスが売り物の店」
いちばん得意な技芸・技術。「強肩が売り物の外野手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うり‐もの【売物】

〘名〙 (「うりもん」とも)
① 売る対象となるもの。
※宇治拾遺(1221頃)三「同類など具して、うり物などもたせて」
② 人の関心を集めるに役立つもの。その人や店などの看板となるもの。
※落語・磯の白浪(1890)〈七代目土橋亭りう馬〉「髭の生へた可怖(こわ)い顔を売物にして賊を働き」
③ 芸人がときに自分の得意として、しばしば演じる芸。
④ 口実にする事柄。いいのがれの材料。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「売物をかんがへて居る唐つくへ」
⑤ 取引相場で、売ろうとする物。売りに出た物。〔取引所用語字彙(1917)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「微々たる山八商店の売物(ウリモノ)で、かうまでも崩れるには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android