売物(読み)うりもの

精選版 日本国語大辞典「売物」の解説

うり‐もの【売物】

〘名〙 (「うりもん」とも)
① 売る対象となるもの。
※宇治拾遺(1221頃)三「同類など具して、うり物などもたせて」
② 人の関心を集めるに役立つもの。その人や店などの看板となるもの。
※落語・磯の白浪(1890)〈七代目土橋亭りう馬〉「髭の生へた可怖(こわ)い顔を売物にしてを働き」
③ 芸人がときに自分の得意として、しばしば演じる芸。
口実にする事柄。いいのがれの材料。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「売物をかんがへて居る唐つくへ」
⑤ 取引相場で、売ろうとする物。売りに出た物。〔取引所用語字彙(1917)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「微々たる山八商店の売物(ウリモノ)で、かうまでも崩れるには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「売物」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android