売手(読み)ウリテ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物を売る人。売る立場にある人。うりぬし。うりにん。⇔買手
※塵芥集(1536)六条「うりてかいて共にもつてさいくわたるべし」
② 取引相場で、売りの側に立つ取引員や会員。また、多くの人が売る方に傾くこと。うりにん。⇔買手。〔取引所用語字彙(1917)〕
③ 取引所で、売り値を示す手振り。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「猛烈に売手(ウリテ)を振ってゐるのは〈略〉色白の若い男である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android