バイニンガー(読み)ばいにんがー(英語表記)Otto Weininger

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイニンガー
ばいにんがー
Otto Weininger
(1880―1903)

オーストリアの思想家。ウィーン生まれのユダヤ人。1902年にウィーン大学を卒業、翌1903年卒論を発展させた『性と性格』を発表したあとイタリア旅行に出発、帰国後まもなくピストル自殺をした。『性と性格』は、プラトン、カント、キリスト教を思想的背景とした哲学的心理学の見地から主として女性問題を論じたものであり、「たとえ最下位にある男性といえども最上位にある女性よりは無限に上で」あるとか、人間教育の仕事は女性には任せられないといった女性否定の表現が至る所にみられるが、彼自身は、心ある人には肯定の響きが聞き取れるはずだと主張している。[宇津木保]
『竹内章訳『性と性格』(1980・村松書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android