コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイモ(貝母) バイモFritillaria verticillata var. thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイモ(貝母)
バイモ
Fritillaria verticillata var. thunbergii

ユリ科の多年草で,中国原産。日本でもしばしば栽培される。地下に鱗茎があり,茎は高さ 50cm内外,葉は多数,無柄で,3~4枚がやや輪生葉をなし,広線形で先がとがって反巻する。春早く,茎の上部の葉腋に,鐘形の淡黄緑花を1花ずつ下垂する。長さ2~3cm,楕円形の6枚の花被をもち,内面に紫色の網状紋があるので,アミガサユリテンガイユリともいう。種子には扁平の丸い翼がある。鱗茎にはアルカロイドの fritillineなどを含み,去痰・催乳・排膿薬とする。日本の野生種にもコバイモなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイモ(貝母)の関連キーワードリーチヤン(麗江)地区フリティラリアユリ科

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android