コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイモ(貝母)(読み)バイモ(英語表記)Fritillaria verticillata var. thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイモ(貝母)
バイモ
Fritillaria verticillata var. thunbergii

ユリ科の多年草で,中国原産。日本でもしばしば栽培される。地下に鱗茎があり,茎は高さ 50cm内外,葉は多数,無柄で,3~4枚がやや輪生葉をなし,広線形で先がとがって反巻する。春早く,茎の上部の葉腋に,鐘形の淡黄緑花を1花ずつ下垂する。長さ2~3cm,楕円形の6枚の花被をもち,内面に紫色の網状紋があるので,アミガサユリテンガイユリともいう。種子には扁平の丸い翼がある。鱗茎にはアルカロイドの fritillineなどを含み,去痰・催乳・排膿薬とする。日本の野生種にもコバイモなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android