コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバイモ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバイモ
こばいも
[学]Fritillaria japonica Miq.

ユリ科の多年草。鱗茎(りんけい)は球形、径6~12ミリメートル。幼植物は卵形、長柄のある葉を1枚つける。花茎は高さ10~20センチメートル、上部に披針(ひしん)形ないし広線形の対生葉と三つの輪生葉をつける。4~5月、茎の先端に淡黄緑色の花を1個斜め下向きにつける。本州の中部地方、近畿地方、四国の温帯林の林床に生育する。北陸地方、静岡から福島県には花被片(かひへん)の縁、中央脈内面に突起がある変種コシノコバイモが分布する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコバイモの言及

【バイモ】より

…和名のバイモはこれの日本語読みによる。このバイモに似ているが,小さいのでコバイモといわれる植物群が日本にあり,7種野生している。【鳴橋 直弘】。…

※「コバイモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コバイモの関連キーワードクロユリ(黒百合)コバイモ(小貝母)フリティラリアバイモ(貝母)天蓋百合

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android