コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイユーのタピスリー Tapisserie de Bayeux

2件 の用語解説(バイユーのタピスリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バイユーのタピスリー【Tapisserie de Bayeux】

フランス,バイユーノートル・ダム大聖堂所蔵の,11世紀の刺繡壁掛け。約70m×0.5mの麻布地に,青,緑,黄等濃淡8色の毛織糸を使用。ノルマン人イギリス征服のエピソード――ウェセックスハロルドの偽りの誓いがウィリアムによる征服とハロルドの敗北と死を招くという因果物語――が,様式化の中にものびやかに描かれる。11世紀の風俗を知るための最も確実な稀有の資料として,また当時重要な美術品のカテゴリーであったこの種の作品の唯一の残存例として貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイユーのタピスリー
バイユーのタピスリー

バイユー・タペストリー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバイユーのタピスリーの言及

【イギリス美術】より

…特に13~14世紀には絹に金糸の刺繡をほどこした豪華な織物が〈イギリス製品Opus Anglicanum〉としてヨーロッパ各国に輸出され,これで作った法衣を愛用したローマ教皇もいた。また〈バイユーのタピスリー〉と呼ばれる刺繡壁掛けは,バイユーの司教のため1066‐77年ころカンタベリーで作られたといわれるもので,全長約20mに及ぶ。ノルマン征服のもようを絵巻物風に表し,歴史的資料としても重視される。…

【甲冑】より

…初めは柳の枝を編み上げた上に皮革を貼った長方形の大きな楯を用いたが,のちに鉄板を張った円形の,表面にいくつか突起をつけた楯が出現する。 バイユーのタピスリーはノルマン・コンクエスト(1066)の情景を描いた長大な絵巻物で,当時の,少なくとも製作当時(12世紀初め)の甲冑を知る貴重な材料である。すでに,そこには長槍を構えた騎士の突撃戦が描かれているが,騎兵歩兵を問わず甲冑はまだ比較的簡単である。…

【刺繡】より

…他方,古代オリエントからエーゲ海の島々を経て東欧,北欧へと伝わった刺繡技術は土着の刺繡に影響を与えた。 11世紀初めのフランスの《バイユーのタピスリー》は,ノルマンディー公爵ギヨームがイギリスを征服する物語を幅50cm,長さ約70mのリネン地に10色以上の毛糸で刺繡する。形式は北欧風,技法はオリエントのイスラム系で,芸術性の高い作品である。…

【ノルマン人】より

…(3)この新しいノルマン人は,バイキングの造船・軍事技術などいくつかの伝統を保持したが,ほとんどの場合,他のフランス貴族と通婚し,また現地住民を妻妾としたため,急速にスカンジナビア人の人種的な特質を失い,1066年のイングランドに対するノルマン・コンクエストの頃(指導者ウィリアム1世征服王はロロから6代目の公)には,フランス語しか話せぬフランス人だったといってよい。この征服の経緯を絵と短い文章で示す《バイユーのタピスリー》には,この戦いがアングル人とフランク人の戦いとされている。(3)の意味でのノルマン人は,南イタリア,シチリア,ビザンティン帝国などでも,征服者,傭兵などとして政治史的に大きな役割を演じた(シチリア王国ロベール・ギスカール)。…

※「バイユーのタピスリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バイユーのタピスリーの関連キーワードサンリスバイユーラン大聖堂ノートルダムノートルダムドパリノートルダムドラガルド大聖堂ノートル・ダム大聖堂(ル・ピュイ)ノートル・ダム大聖堂(サンリス)ノートル・ダム大聖堂(トゥールネ)トゥルネーのノートル-ダム大聖堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone