バイラテラリズム(英語表記)bilateralism

翻訳|bilateralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイラテラリズム
bilateralism

貿易バランス,通商交渉などを2国間で解決していこうとする考え方で,2国間主義と訳される。ガットおよび世界貿易機関 WTOなどの多国間の交渉で対処しようとする多国間主義 (マルチラテラリズム) に対する言葉。 1980年代以降,アメリカはバイラテラリズムへの動きを強めており,日米摩擦についても半導体協定,牛肉・オレンジ交渉,MOSS (Market Oriented Secter Selective) 協議,日米構造協議のように2国間協議に頼る傾向を強めている。また貿易交渉についても,米加自由貿易協定 (1989) など2国間で自由貿易を推進しようとする動きを見せている。バイラテラリズムは,当事者にとっては結果が早く出て,弾力的な対応が可能であるが,他方では差別的な扱いを招いたり,WTOの形骸化につながるという批判も強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バイラテラリズム【bilateralism】

国際問題において、二国間だけでこれを解決しようとする考え方。二国間主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android