コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイラテラリズム bilateralism

翻訳|bilateralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイラテラリズム
bilateralism

貿易バランス,通商交渉などを2国間で解決していこうとする考え方で,2国間主義と訳される。ガットおよび世界貿易機関 WTOなどの多国間の交渉で対処しようとする多国間主義 (マルチラテラリズム) に対する言葉。 1980年代以降,アメリカはバイラテラリズムへの動きを強めており,日米摩擦についても半導体協定,牛肉・オレンジ交渉,MOSS (Market Oriented Secter Selective) 協議,日米構造協議のように2国間協議に頼る傾向を強めている。また貿易交渉についても,米加自由貿易協定 (1989) など2国間で自由貿易を推進しようとする動きを見せている。バイラテラリズムは,当事者にとっては結果が早く出て,弾力的な対応が可能であるが,他方では差別的な扱いを招いたり,WTOの形骸化につながるという批判も強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイラテラリズム(bilateralism)

2国間主義。通商問題などを多国間交渉によってではなく、相手国との2国間交渉で処理すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バイラテラリズム

二国間主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バイラテラリズム【bilateralism】

国際問題において、二国間だけでこれを解決しようとする考え方。二国間主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バイラテラリズムの関連キーワード単独行動主義国際問題一国主義一方主義保護主義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android