コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二国間主義 にこくかんしゅぎ

1件 の用語解説(二国間主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

二国間主義【にこくかんしゅぎ】

通称バイラテラリズム。双務主義とも。国際貿易において,2国間で起こる経済問題などをこれら2国間で解決しようとする考え方。1993年発足の日米包括経済協議などがその好例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

二国間主義の関連キーワードバイオリズムマルチラテラリズムバイラテラリズムバイラテラルフェデラリズムユニラテラリズムサバイバリズムちらりズムプルーラリズムマルチカルチュラリズム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二国間主義の関連情報