形骸化(読み)けいがいか

大辞林 第三版の解説

けいがいか【形骸化】

( 名 ) スル
誕生・成立当時の意義や内容が失われたり忘れられたりして、形ばかりのものになってしまうこと。 「民主主義の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいがい‐か〔‐クワ〕【形骸化】

[名](スル)実質的な意味を失い、形式だけが残ること。「規則が形骸化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいがい‐か ‥クヮ【形骸化】

〘名〙 中身のない、形だけのものになること。
※近代自我の日本的形成(1943)〈矢崎弾〉自我の発展における日本的性格「今日の私小説といふ形式をもとめる精神の要求が、〈略〉在来の精神の形骸化と頽廃のうへに功利的にさへもとめられてゐる事情を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形骸化の関連情報