コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウペス州 バウペスVaupés

1件 の用語解説(バウペス州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バウペス〔州〕
バウペス
Vaupés

コロンビア南東部の州。州都ミトゥ。東はブラジルと国境を接し,オリノコ川左岸一帯に広がるリャノス呼ばれる広大な熱帯草原アマゾン盆地の熱帯雨林に移る地帯にあり,アマゾン川水系に属するバウペス川が中央部を東流する。 1991年特別地区から州に昇格。同国で最も人口密度の低い地域の一つで,住民の約 70%は,東部のバウペス川にのぞむミトゥの周辺に集る。主産業は自給農業,漁業,狩猟,採集。道路はなく,交通はもっぱら水路,空路による。面積6万 5268km2。人口3万 4428 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone