コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクソン蜂起 バクソンほうき

1件 の用語解説(バクソン蜂起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バクソンほうき【バクソン蜂起】

1940年,北部ベトナム山岳地帯に起こったインドシナ共産党の指導による反仏蜂起。この年9月23日,中国南部にあった日本陸軍は,日・仏印協定の成立を待たずにいっせいに武力越境してベトナムに入り,ランソン方面のフランス軍を駆逐,ハノイに迫った。同月27日,フランス軍撤退後の無政府状況を利用して,少数民族トー(タイ)族を中心とする蜂起が北部山岳地帯のバクソンBac Sonのモーニャイに起こった。蜂起は復帰したフランス軍の白色テロルに対抗するため,インドシナ共産党北部委員会の指導下に急速に組織化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バクソン蜂起の関連キーワードカラコルム山脈交趾ベトコンベトナム語ユタ斧折火田ファンボイチャウ越僑山岳救助隊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone