コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクソン蜂起 バクソンほうき

1件 の用語解説(バクソン蜂起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バクソンほうき【バクソン蜂起】

1940年,北部ベトナム山岳地帯に起こったインドシナ共産党の指導による反仏蜂起。この年9月23日,中国南部にあった日本陸軍は,日・仏印協定の成立を待たずにいっせいに武力越境してベトナムに入り,ランソン方面のフランス軍を駆逐,ハノイに迫った。同月27日,フランス軍撤退後の無政府状況を利用して,少数民族トー(タイ)族を中心とする蜂起が北部山岳地帯のバクソンBac Sonのモーニャイに起こった。蜂起は復帰したフランス軍の白色テロルに対抗するため,インドシナ共産党北部委員会の指導下に急速に組織化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バクソン蜂起の関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone