バクソン蜂起(読み)バクソンほうき

世界大百科事典 第2版の解説

バクソンほうき【バクソン蜂起】

1940年,北部ベトナム山岳地帯に起こったインドシナ共産党の指導による反仏蜂起。この年9月23日,中国南部にあった日本陸軍は,日・仏印協定の成立を待たずにいっせいに武力越境してベトナムに入り,ランソン方面のフランス軍を駆逐,ハノイに迫った。同月27日,フランス軍撤退後の無政府状況を利用して,少数民族トー(タイ)族を中心とする蜂起が北部山岳地帯のバクソンBac Sonのモーニャイに起こった。蜂起は復帰したフランス軍の白色テロルに対抗するため,インドシナ共産党北部委員会の指導下に急速に組織化された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android