コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救国軍 きゅうこくぐんCuu Quoc Quan

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうこくぐん【救国軍 Cuu Quoc Quan】

ベトナム北部山岳地帯の共産党系武装組織。その前身は1940年9月のバクソン蜂起の過程で組織されたバクソン遊撃隊(40年12月時点で20名)である。遊撃隊は41年2月共産党中央委員会の決定に従って救国軍に改組され,仏領インドシナ政府軍の再三の鎮圧作戦に耐えつつ41年9月には第2中隊(40名),44年2月には第3中隊(30名)を設け,活動区域を広げた。事実上の指導者は山岳民族出身のチュー・バン・タンであるが,党は中央から指導幹部を派遣すると共に,軍内部に党組織を構築してその掌握に努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

救国軍の関連キーワードウォイチェフ ヤルゼルスキM.K.O. ハイダラM.W.S.A. タヤW. ヤルゼルスキイスラム救国戦線ポルトガル革命アルジェリアヤルゼルスキモーリタニアスピノラ駱賓基

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android