急襲(読み)きゅうしゅう

精選版 日本国語大辞典「急襲」の解説

きゅう‐しゅう キフシフ【急襲】

〘名〙 急に相手におそいかかること。のすきをついておそうこと。〔五国対照兵語字書(1881)〕
作戦要務令(1939)二「戦闘間敵の瓦斯使用は急的に行はるること多きを以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「急襲」の解説

きゅう‐しゅう〔キフシフ〕【急襲】

[名](スル)敵のすきをねらって、急に襲いかかること。「夜陰に乗じて急襲する」
[類語]猛攻猛撃猛爆猛襲痛撃奇襲夜襲電撃不意討ちだまし討ち攻撃襲撃強襲突撃進撃進攻侵攻攻勢ねらい撃ち征伐せいばつ総攻撃攻略直撃迫撃挟み撃ち挟撃出撃追い撃ち追撃アタックおそ襲いかかる攻める攻めかかる攻め立てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の急襲の言及

【奇襲】より

…近代戦ではつぎつぎと威力強大な新兵器が突如として使用され,大規模な奇襲が行われるようになり,戦略的奇襲という語が使用されている。奇襲のほか強襲,急襲と称する戦法がある。強襲とは,自軍の企図を敵が察知あるいは判断して準備している堅固な陣地を,敵よりもさらに強大な戦力で圧倒し,一挙に攻撃を強行すること,急襲とは,みずからの企図を秘匿し,不意に襲撃することをいう。…

※「急襲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android