コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バグラト朝 バグラトちょうBagrat

世界大百科事典 第2版の解説

バグラトちょう【バグラト朝 Bagrat】

(1)アルメニア王朝。886‐1045年。アラブ支配下に台頭し,カリフよりアルメニア王位を得,事実上独立した。10世紀後半~11世紀初頭に最盛期を迎えたが,ビザンティン帝国に首都アニAniを奪われて滅びた。(2)グルジアの王朝。888‐1801年。バグラチオン朝ともいう。9世紀,グルジア・バグラト家のアショットが西南グルジアに公国を開いたのに始まる。次いで10世紀,バグラト3世のとき,東部を除いた全グルジアを統一した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバグラト朝の言及

【グルジア】より

…また,東グルジアは7世紀後半アラブによって征服され,トビリシのアミールの支配を受けた。(2)バグラト朝の繁栄 政治的独立を目ざす新しい気運を担ったのは南西グルジアで,バグラト家のバグラト3世(在位975‐1014)は,国土の大部分を統一し,新王朝を開いた。バグラト朝は大諸侯の離反,ビザンティン,セルジューク朝トルコの侵入と戦いながら王権を保持した。…

※「バグラト朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バグラト朝の関連キーワードギオルギ[5世]ジョージア[人]メテヒ教会ドビンカルスゴリ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android