コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バゲールカンド Bhagelkhand

1件 の用語解説(バゲールカンドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バゲールカンド【Bhagelkhand】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州南東端とマディヤ・プラデーシュ州北端部にまたがる地方名。地名は13世紀にここに定着したラージプート族のバゲーラ氏族に由来する。ほぼソーン川水系の上流域にあたり,ヤムナー川沿いの平原からカイムール山脈を経てデカン高原へ至る漸移地帯を占める。地形は山がちで,標高600m以下の階段状に高まっていくデカン高原の前山とその間の開析された盆地群からなる。もとは森林に覆われ,非ヒンドゥー教徒の部族民の居住地帯であったが,17~18世紀に北方から農業入植が進みヒンドゥー化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バゲールカンドの関連キーワードエローラカジュラーホカナウジカーンプルサールナートサーンチーシムラクシナガラ城ラクノウインドと中国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone