バスティア(フランス)(読み)ばすてぃあ(英語表記)Bastia

日本大百科全書(ニッポニカ)「バスティア(フランス)」の解説

バスティア(フランス)
ばすてぃあ
Bastia

フランス南部、地中海のコルシカ島北東岸にある港湾都市。オート・コルス県の県都。人口3万7884(1999)。アジャクシオと並ぶ島内の経済中心都市で、港からオリーブ、ワイン、果実、コルク、魚貝などを輸出する。たばこ、食料品などの工業がある。1383年ジェノバ人が建設。旧港周辺の旧市街には城塞(じょうさい)や教会があり、温暖な気候にも恵まれて観光地となっている。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android