コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルシカ島 コルシカとうCorsica

翻訳|Corsica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルシカ島
コルシカとう
Corsica

フランス本土南東部から南東方約 175km ,イタリア半島西岸沖合い約 80kmの地中海にあるフランスの島。フランス語ではコルス Corse,コルシカはイタリア語。地方行政上は付属の小島とともにコルス地域 (レジオン) を構成。コルス地域は初めコルス県 (県都アジャクシオ) 1県であったが,1975年5月にコルスデュシュド県 (県都アジャクシオ) とオートコルス県 (県都バスティア) の2県に分離した。南はボニファーチョ海峡を隔ててイタリア領サルジニア島と相対する。北方に突出したコルス岬を除き卵形をなし,南北約 180km,東西最大約 80km。約2分の1の土地が標高 400mをこす山がちな地形で,大部分が花崗岩からなる。海岸線は西側は沈降海岸で出入りが多く,海食崖が発達。東側は低平な海岸平野。地中海性気候で,山地はマキ,ガリグなどと呼ばれる低木が茂り森林開発地域。ヒツジの飼育,オリーブ,柑橘類,促成野菜の栽培が行なわれる。観光資源にも富み,西部海岸のジロラッタ岬,ポルト岬およびスカンドラ自然保護区は,1983年世界遺産の自然遺産に登録。島の歴史は古く,前3千年紀の初めに金石併用文化があったとされる。前6世紀にエトルリア人,その後カルタゴが支配。前3世紀にはローマの属州となったが,実質的には東部海岸の植民にとどまった。その後はバンダル,ゴート,サラセンの支配を経て,14世紀中頃にはジェノバ領となり,1768年フランスに割譲された。住民や文化はイタリアの影響を強く受けている。ナポレオン1世の生地 (アジャクシオ) 。面積 8680km2。人口 24万 9737 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルシカ‐とう〔‐タウ〕【コルシカ島】

《〈イタリア〉Corsica》地中海西部にあるフランス領の島。ナポレオン出生地。面積8720平方キロメートル。コルス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルシカ島
こるしかとう
Corsica

地中海西部にあるフランス領の島。フランス名コルスCorse。コルシカはイタリア名および英名。面積8680平方キロメートル、人口26万0196(1999)。シチリア、サルデーニャ、キプロスに次ぐ地中海第四の大島で、東はティレニア海、西はリグリア海に囲まれ、北はコート・ダジュールまで175キロメートルあり、南はボニファシオ(ボニファチョ)海峡を挟んでサルデーニャ島に対している。1975年までは全島で一つの県を構成してきたが、現在は南西部のコルス・デュ・シュド(面積4014平方キロメートル、人口11万8593、県都アジャクシオ)と北東部のオート・コルス(面積4666平方キロメートル、人口14万1603、県都バスティア)の2県よりなる。両県で一つの裁判区、アカデミー(大学区)を構成し、リヨンの軍管区、エクサン・プロバンスの大司教区に属している。
 古生代ヒルカニア期の山地が第三紀アルプス造山運動の影響を受けて取り残され、「海中の山」とよばれる山がちの島となった。標高200メートル以下の平野は少なく、東海岸中部のアレリア平野がやや広いだけで、1000メートル以上の土地が全島の4分の1を占め、所により2000メートル以上に達し、最高峰は北部のチントCinto山(2710メートル)。西海岸は屈曲に富み、良港も多いが、東海岸は変化に乏しい。沿岸部は典型的な地中海気候を示し、ヒツジの過放牧や火入れのためマキとよばれる二次林が多いが、高度が高くなるにつれて年降水量も多くなり、1100~1500メートルでは1000ミリメートルを超え、マツやブナの森林がみられる。オリーブの栽培限界は700メートルである。1880年ごろには人口約27万であったが、ほぼ1世紀間に多くの移民を出し、1960年には人口が最低の17万5000人になった。農業は長らくヒツジの放牧とチーズ生産を主としていたが、1957年にコルシカ農業開発公社SOMIVACが設立され、東部平野の水利条件の改良などにより生産性が向上し、とくにブドウ、モモ、柑橘(かんきつ)類の栽培面積が増大した。第二次産業は農業を基礎とした食料品工業が主で、第三次産業は夏季の観光事業が中心である。[高橋 正]

歴史

紀元前6世紀以来、ギリシア人、エトルリア人、カルタゴ人が相次いで植民を行い、前260年から1世紀を要してローマ人が支配を打ち立てた。西ローマ帝国の解体時にバンダル人、ゴート人が侵入し、6世紀にビザンティン(東ローマ)帝国によって再征服されたが、その後ランゴバルド人が侵入した。ランゴバルド王国を滅ぼしたカール大帝はコルシカを教皇に寄進したが、7世紀から10世紀にかけてはイスラム教徒が島の南部を占拠し、海岸部を侵略した。1077年にコルシカは教皇からピサ司教に委託されて同市の支配に服し、さらに14世紀からはジェノバの手に渡った。島民はジェノバの支配に対してしばしば反乱を起こしたが、16世紀以降フランスがこれに介入するようになった。18世紀のパオリ父子を中心とする独立運動は、ジェノバ、フランスの連携の下に抑圧され、1768年に同島はフランスに売却された。翌年ナポレオン・ボナパルトがアジャクシオに誕生している。フランス革命勃発(ぼっぱつ)(1789)後、パスカル・パオリは独立運動を再開し、イギリスもこれを支援したが、1796年にはフランスの支配が確立した。ナポレオン1世の没落に伴い1814年にはイギリスの統治を受けたが、翌年フランスに返還された。19世紀の過程を通じてフランス化が進行したが、固有の文化を保持しようとする動きも継続する。第二次世界大戦中の1942年にはイタリアの支配下に入ったが、翌年9、10月にはフランス軍によって解放された。[江川 温]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルシカ島の関連キーワードフランソア・エクスヴィエ オルトリロッシ(Tino Rossi)モハメド・ベン・ユーセフ5世バスティア(フランス)ボナパルト[家]モンテクリスト島ヴォルカナイトナポレオン岩アンリ トマエヴィサイトバレアレス海トスカナ諸島ボナパルト家T. ロッシジロラッタ湾カプライア島アヤッチオシトロンバスチアポルト湾

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルシカ島の関連情報