コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスライン bus line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスライン
bus line

コンピュータの各種装置 (演算装置記憶装置入出力装置制御装置など) を結合するのに,共通の1組の線を共用する方式が考案され,この共通の線をバスラインという。このような方式にすると各種装置間のデータ転送はすべて同じ形式の命令と制御方式で行うことができ,構造が簡単になり,個々に特別なやり方を考えなくてよいという利点があって,ミニコンピュータのアーキテクチュアとして広く用いられている。しかしあらゆる装置が1組の線を用いるために,装置間のデータ転送量がふえると待たなければならないことになり,そのような場合には何組かのバスラインを設ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バスラインの関連キーワードバス[bus]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バスラインの関連情報