コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスラ県 バスラBasra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスラ〔県〕
バスラ
Basra

イラクの南東端,ペルシア湾頭にのぞみ,イラン国境からクウェート国境に広がる県。県都バスラ。県内にはイラク最大の湖であるハンマール湖の約半分をはじめ,東部のイラン国境にかけて沼沢地がきわめて多く,かつては最大の不健康地であった。標高 0mに近い。県内北部でチグリス川ユーフラテス川クルナで合流し,シャットルアラブ川となってペルシア湾に注いでいる。農産物には国内最大の収穫をあげているナツメヤシをはじめ,米,穀物,ミレット (雑穀) などがある。バスラの南西方のルマイラ,ズバイル地区では石油油田の開発が盛ん。主要都市は県都のほかズバイル,アブーアルハシーブなど。面積1万 9070km2。人口 116万 8800 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バスラ県の関連キーワードマイサーン県

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android