バスレフ

世界大百科事典内のバスレフの言及

【スピーカー】より

…位相反転バッフルは,スピーカーの振動板の背後に生ずる音波を,適当な位相の変化を与えてスピーカーの前面に放射するような構造のバッフルで,低域の特性改善に有効である。〈バスレフ〉と呼ばれることも多い(図4)。スリーウェースピーカーシステムは,再生周波数帯を3分割し,それぞれを低音用(ウーハー),中音用(スコーカー)および高音用(ツィーター)で受けもたせるようにしたスピーカーシステムである。…

※「バスレフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報