コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バセット・ハウンド[種] basset hound

世界大百科事典 第2版の解説

バセット・ハウンド[種]【basset hound】

原産地がフランス猟犬祖先はフランスの古代犬オールド・フレンチ・ブラッド・ハウンドとセント・ヒューバート・ハウンドといわれ,古いタイプの猟犬種である。中・小型野獣猟やキジ猟に使われ,フランスとベルギーの王族たちの寵愛(ちようあい)と庇護(ひご)のもとに発展してきた。動作は敏しょうではないが,鋭敏な嗅覚で確実に獲物に接近し,低音でよく響くほえ声で狩り立てる。体形は太く短い足で背が低く,胴は長く幅があり,前胸がたくましく張り出し,骨太である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バセット・ハウンド[種]の関連キーワード原産地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android