バダガ族(読み)バダガぞく(英語表記)Badaga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バダガ族
バダガぞく
Badaga

インド南部,タミルナードゥ州ニルギリ丘陵地帯に居住する一民族。人口約 14万と推定される。バダガは「北の人」を意味し,12世紀以後北方からニルギリに移住したものと思われる。言語はドラビダ語系で,ニルギリ北方のカルナータカ州カンナダ語に近い。社会は父系氏族制で6階級に分れ,上流の2階級は菜食主義者で,大部分はその下の農耕階級に属し,穀類のほか,野菜類も栽培している。最下級は他の5階級の使用人となっている。経済や伝統的宗教に関しては,先住民トダ族,コタ族,クルンバ族に依存していたが,近年はヒンドゥー化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android